転勤Family.com

転勤族。夫、ムスメ、ムスコとの日々の暮らしと週末アウトドア

公園

龍ケ崎市で遊べる公園見つけた!!

投稿日:09/06/2017 更新日:

先週末は、初めて龍ケ崎市まで遠征し、2カ所の公園で遊んできました。
我が家がよく参考にしているサイト『1000円持って公園へ行こう!』で見つけて行ってみたのですが、これが予想以上に遊べる楽しい公園だったので紹介します。

アクセス

今回我が家が向かった茨城県龍ケ崎市は、県南東(鹿嶋、神栖、潮来)辺りから行くと、車で1時間30分くらい。
この時、小見川方面から行く場合、早道があります。

小見川大橋を渡る手前の交差点(左手にマツザワという家具屋さんがある)で、信号を右折します。すると、利根川の堤防沿いの道に出るので、あとはもうとにかくまっすぐ進むのみ。利根川に沿ってほとんど信号の無い道を通って行くことになるので、かなり時間短縮出来ます。
そして、神崎インター辺りか、もしくはもう少し先の長豊橋という信号で右折すれば、後はナビ通りに行けばオッケーです。
ただ、この道は一般道で道幅がかなり狭いにも関わらず、皆さんかなり飛ばして走るので、ちょっと運転恐いです。気を付けて下さい。

龍ヶ崎森林公園

まずは龍ヶ崎森林公園へ行きました。
ここは、森林公園だけあって、本当に自然豊か!日陰が多いので、暑い日でも遊べそうです。
駐車場を降りると、まずはブランコ、滑り台、砂場、ターザンロープが設置してある広場に出ます。(であいの広場)
あら?普通のどこにでもありそうな公園だわ、と思ったら、その奥にいろいろと広がっていました。
広場の奥の滑り台を降りて行くと、池があります。そして、水のせせらぎがあって、辿って行くとその頂上には滝がありました。
触ってみると、冷たくて気持ちいい!
夏場はここで水遊びが出来そうです。ただ、「池には入らないで下さい」の看板がありました。
せせらぎと滝の部分では遊んでいいのかしら??
この日は割と涼しかったので、水遊びはしませんでしたが。

そして、せせらぎのもっと奥には、バーベキュー場が広がっています。バンガローもありました。
調べてみたら、ここで宿泊もできるみたいです。
(ログハウスが7棟も。バーベキュー用かまどのみの場合、1基720円。)
この日は、数組の方々がバーベキューしてましたが、楽しそうでした。
我が家も次回はやりたいな。

駐車場の隣には管理棟と売店があって、その裏にアスレチックコースが広がっています。
これがけっこうな森の中に広がってます。
そのため、割と遊具は汚れていました。
自然豊かだから当たり前なんですが、娘は「・・・汚れてる、やらない」と全然遊んでくれませんでした。
もちろん、虫やクモの巣もたくさんあったので、さらにテンションは下がり。。。
ドングリ探しをして何とか気分を盛り上げようとしたのですが、蚊に刺されてしまってアウトー。
「もう帰る」になっていまいました。
自然の中で遊ばせて、虫や自然物と触れ合ってもらおうと思ったのですが・・・

うちの娘にはハマらなかったのですが、虫や植物が大好きなお子さんは、楽しめる公園だと思います。
一日中遊べる遊具ではないので、広場でボール遊びをしたり、水遊びをしたり、虫捕りをしたりして遊ぶとより楽しめると思います。
夏場は虫除け必須です。(娘は虫除けスプレーしてたけど蚊に刺されてしまいました)

龍ヶ岡公園(通称たつのこランド)

ここです!!娘がどハマりした公園は!!

先の龍ヶ崎森林公園から車でほんの5分程度しか離れていないところにあります。
龍ケ崎市の中心らしき道を走って行くと、大きな施設がいくつも見えてくるのですが、この公園周辺施設が何とも立派!
たつのこアリーナ、たつのこフィールド、たつのこスタジアムと呼ばれる総合体育館、陸上競技場、野球場が併設されていて、どれも新しそうで綺麗な施設でした。
そして、このたつのこシリーズの中にたつのこランドなる公園があるのです。
ちなみに、駐車場横の建物一階には、たつのこ児童館までありました。
我が家は行きませんでしたが、ここは土日のみ開放されているみたいです。
雨に日は室内で遊べて助かりますね。

たつのこランドの魅力①

まずは、駐車場降りてすぐに目に入る大型総合遊具。
山の斜面に沿って作られていて、滑り台、うんてい、クライミング、はしご、トンネルなどいろいろな遊具が組合わさっています。
3歳の娘が一人でできるようなものから、「恐い〜」とギャン泣きするようなものまで難易度はさまざま。
恐い所は一旦降りて回避も出来るので、小さい子から小学生くらいまで、満足して遊ぶことが出来ると思います。
一番長い滑り台はてっぺんから。
30メートルあり、傾斜もあるので、けっこうスピードでます。
娘は一人で両手挙げて滑ってましたが。
ちなみに、ローラー滑り台ではなく、普通の滑り台です。
短い方の滑り台も反対側にありますが、短いけどけっこうなスピード。
1、2歳くらいのお子さんは親が下で待って受け止めた方がいいかも?
どちらの滑り台も楽しいので、とりあえず到着してしばらくはエンドレス滑り台になるでしょう。

6歳以下の小さいお子さん向けの遊具も、向かいに設置してあります。
屋根付きの遊具で、真ん中にはソフトなお山があって転んでも痛くないです。

たつのこランドの魅力②

遊具でひとしきり遊んだら、山の頂上まで登ってみると楽しいです。
通称「たつのこやま」と言うらしく、標高41メートルあるので、かなり見晴らしがいいです。
この日はよく晴れていたので、龍ヶ崎市内がばっちり見渡せて気持ちよかったです。
アリーナやフィールドの反対側に、また大きな施設が二つ建設中だったけど、あれは何ができるんだろう・・・かなり大きな施設を作っていたけど。

総合遊具はこのたつのこやまの斜面に作られているのですが、ちょうど山の中腹くらいまで。
さらに倍くらい登ったところが頂上です。
娘は遊具に夢中で登りたがらなかったので、私一人で登ってみたのですが・・・
一気に登るときっつー!
太ももかなりプルプルでした。
運動不足の大人は、このたつのこやまを登って身体を鍛えましょう。

たつのこランドの魅力③

たつのこ山の周りには、芝生広場が広がっていて、ボールで遊んだり自転車で遊んだりできます。
この日も野球やサッカーをしている家族や、自転車の練習をしている家族がたくさんいました。
そして、芝生広場の周りには木々も生えているので、ちょうど良い日陰ができ、ピクニックもできます。
東屋もあるのですが、ここは休憩場所という感じで、お弁当を広げられる感じではありませんでした。
また、たつのこステージと呼ばれる屋根付きのステージがあり、イベントなどで活用されるそうなんですが、ここでお弁当を広げている人達もたくさんいました。
たしかに、屋根があるから日陰だし、風が抜けて涼しいし、木の床があって汚れないし、お弁当広げるには最適の場所だなぁと思います。

と、このようにお弁当を食べる場所にも困らないです。

たつのこランドの魅力④

芝生広場をもっと奥に行くと、水時計と噴水池があって、水遊びができます。
この日は水遊びの用意をしていきませんでしたが、せっかくなので服のまま遊んじゃいました。
水時計のところは、ちょうど娘の足首が浸かるくらいの水深です。
水に入る時に、石の部分が少し滑りやすくなっているので要注意。
また、噴水池(と地図には書いてあるけど、噴水は出てなかった)の方は、底がかなりヌルヌルで滑りやすくなっています。
ちょっと危なすぎて娘に遊ばせるのはやめました。

と、このように水遊びもできます。
ちなみに、水遊びできるところは屋根はなく日陰じゃないので、日焼け対策必須です。

まとめ

今回は初めて龍ヶ崎まで遠征しましたが、娘は大変たつのこランドを気に入り、家族皆で十分に身体を動かして楽しむことができました。
周辺には、飲食店やスーパーも充実しているので、お昼はお弁当持ってきても良し、スーパーで買い出ししても良し、お店で食べるも良し、です。
また、公園でさんざん遊んだ帰りは、近くに阿見プレミアムアウトレットがあるので、ショッピングして帰ることもできますよ。
我が家も、また遊びに行きたい公園リストに入れました。おすすめです。

-公園

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

遊べる!!神栖市3大公園比較

茨城県神栖市。 関東平野の最東端である犬吠埼(銚子市)から北に位置する、海沿いの街です。 全国的な認知度は低いでしょう。。。 実際私も主人の転勤先が違っていたら、知ることも行くこともなかったであろう場 …

水戸市森林公園へ 〜一日中遊べる自然豊かな公園〜

先週末は家族で水戸市森林公園へ行ってきました! ママ友から、恐竜がいる公園があるよ〜という情報を入手し、8月にギガ恐竜展へ行ってすっかり恐竜ブームになっている我が家は、さっそく行くことにしました。 恐 …

笠間芸術の森公園でピクニック

先日、笠間芸術の森公園に初めて行ってきました。 10月に入り、さぁ行楽シーズンだ!秋晴れだ!と思っていたら、なんだか秋雨前線停滞中。 おまけに台風が猛威を振るう。 なかなかお天気に恵まれませんが、今後 …