転勤Family.com

転勤族。夫、ムスメ、ムスコとの日々の暮らしと週末アウトドア

子育て

ハロウィン衣装を手作りする~1歳男児・カボチャ衣装~

投稿日:

今年もそろそろハロウィン衣装を準備しなければ…という時期になってきました。
街並みはすっかりハロウィン仕様になっていますね。
今年は子どもたちにどんな仮装をさせてあげようか…何気にわくわくします。
とは言っても、ムスメは6歳。こだわり強し!!なので、彼女の意向に沿った衣装を用意しなければいけないので、ハハの思い通りにはならないんですけどね。
でもムスコはまだ2歳。何も言わないので、ハハの好きなように仮装させちゃいましょう。

まずは去年ムスコ1歳の時に用意した衣装から紹介します。

スポンサーリンク

カボチャ衣装~1歳男児用~

去年ムスコに作ったカボチャ衣装、全身写真はこちら↓

Tシャツは無印のボーダーTシャツ

後ろ姿全身

頭にカボチャ帽子、カボチャ色のベスト、そしてカボチャパンツの組み合わせです。(写真がなんか暗くてスミマセン)
中には無印のボーダーロンT、下にはユニクロのベビー用レギンス(黒)を着用しています。

実はね、用意する時間がなくて、とにかくありあわせのもので何とかしようと思い…手作りのカボチャ色のベストだけはすでに作ってあったので、それと同じ布でカボチャ帽子とカボチャパンツを作ったのです。
しかも幼稚園のハロウィンパーティー前日に。
良く間に合ったものだ。

カボチャ衣装の作り方

①カボチャベスト

ベストは以前手作りしたものです。
参考にしたパターンは、美濃羽まゆみさんの著書作ってあげたい、女の子のお洋服 FU-KO basics. より。
しっかり裏地もついているもので、普段使いできます。
筆者ももともとハロウィン衣装用ではなく普段使いとして作りました。

ちなみに美濃羽まゆみさんの洋裁本は、デザインが素敵なのはもちろん、パターンや作り方が詳しく書かれているので、洋裁初心者でも作りやすい内容になっていると思います。
筆者もムスメの服を手作りしたい、との思いから洋裁を始めましたが、美濃羽さんの著書のおかげで初心者でもなんとか服を作ることが出来ています。


作ってあげたい、女の子のお洋服 FU-KO basics. (Heart warming life series) [ 美濃羽まゆみ ]

②カボチャパンツ

こちらも美濃羽まゆみさんの著書『ていねいでやさしい 暮らしの中の、手作り布小物』より『ブルマパンツ』を参考にして作りました。
カボチャ具合が程よくて、小さい子が履くと本当にかわいい。
パターン(型紙)も簡単で、股部分以外直線縫いなので、ミシン経験のある方なら1時間くらいで作れちゃうと思います。
もちろん、ミシン初心者でも作りやすい。


ていねいでやさしい 暮らしの中の、手づくり布小物 [ 美濃羽まゆみ ]

スポンサーリンク

③カボチャ帽子

こちらもベストとカボチャパンツと同じ生地で。

カボチャ帽子

あ、ちなみに今回使用した生地は秋っぽいフランネル生地を選びました。
カボチャのつもりで買ったわけではないのですが、秋っぽい色なのでもともとムスメのワンピースを作るように楽天で購入してました。


コットンフランネル・片面起毛 生地 布 無地 綿 秋冬

確かこれのオレンジキャメル。
多目に購入しといて良かった。

で、カボチャ帽子の作り方をネットで検索し、ヒットしたこちらのサイト(https://asukainfo.com/kabotya-boushi)を参考にしつつ、自分なりにアレンジしました。

手順1

まずはテキトーな紙でいいので型紙を作ります。
参考までに筆者の作った型紙を再現↓
(去年作ったやつはどこかへ消えた…多分捨てた)

カボチャ帽子型紙

ちなみに、このカーブの部分とか、長さなどはほんとテキトーです。縦21センチ横14センチくらい。

でも、テキトーでも意外に大丈夫。
結構なんとか形になる。
縫い代も、左右5ミリ、下3センチでとっていますが、ズレそうで心配な方は左右1センチ取った方がいいかもです。
筆者は中がゴワゴワすると嫌だろうなと思って、縫い代5ミリで作りました。
こんな感じに先のとんがった長い形を6枚裁断します。
衣装なので、何回も洗濯するわけじゃないし、時間もないので布の端処理などは全部やめやめ!
気になる人は裁断したら、端をジグザグミシンまたはロックミシンして下さい。

手順2

そしたら6枚全て中表で左右を縫い合わせていきます。
もうダダダーっと。
カーブは多少ありますが、ほぼ直線なので縫いやすいはず。
トップの部分が多少ごわつくかもしれないけど、トップには緑のヘタを付けることになるので、穴が開いてて大丈夫。

手順3

6枚縫い合わせたら、下のゴム通し部分を3つ折りする。
筆者は1センチ折ってから2センチ折って三つ折りしましたが、1.5センチ折って1.5センチでも大丈夫。
ほんとテキトーで大丈夫。
で、ぐるりと一周縫っていくわけですが、最後ゴムを入れるため1センチくらい縫い残してください。
糸がほつれないように、最初と最後は何度か返し縫いしておくとGOOD。

手順4

トップのカボチャのヘタの部分。
参考にしたサイトでは、緑のフェルトを使っていましたが、緑の布紐が裁縫道具に中にあったので、くるっと輪っかにして縫い付けました。
そこは手縫いで。

で、最後にゴムを通せば完成。

横から見たところ

まとめ

ハロウィン衣装どうしよう…と悩む場合、
とにかくカボチャになっておけば間違いないでしょう。
1歳の子どもが着る場合、不織布やビニール製だと肌触りが嫌で着てくれない…なんてことにもなりかねないので、できるだけ布を使った衣装を作りました。
さすがにカボチャ帽子は普段使いできませんが、ベストとカボチャパンツは普段使いもできるので、今から頑張って作るのもありだと思います。
何より、自分の作った衣装や洋服を子どもが着てくれると、すごくうれしい気持ちになりますよ。

スポンサーリンク

-子育て
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

子どもの便秘について

明けましておめでとうございます。 2018年も始まり・・・というかすでに2週間ほど経つんですね、早い! だらだらと過ごしたお正月気分を引きずっていましたが、そろそろエンジンをかけなければと気合を入れな …

子どもが遊べる喫茶店『カメダ珈琲小見川店』に行ってきました。

こんにちは。 今回は、『カメダ珈琲』についてレポしたいと思います。 え、カメダ珈琲!?コメダじゃなくて!? って思いますよね。 いや~私も思いましたよ。 実は筆者、実家は愛知県にありまして。 そう、コ …

ハロウィン衣装手作りに挑戦~コウモリ編~

こんにちは。 あれよあれよという間に10月後半。 もうすぐハロウィンですね。 ハロウィンって、いつの間にこんなにメジャーなイベントになったんでしょうね。 10年以上前にカナダに留学してた時は(実はワー …

ハロウィン衣装を手作りする・2020~女の子・黒ネコ衣装・できるだけ100均ですぐできるやつ~

10月に入り、ハロウィンがいよいよ近づいてきましたね。さて今回は、我が家の6歳ムスメのハロウィン衣装について。 ちなみに昨年、一昨年は本人の希望でコウモリガールの衣装でした。→ハロウィン衣装手作りに挑 …

コロナな一日…緊急事態宣言中の我が家のタイムスケジュール

コロナコロナの毎日。でもようやく、緊急事態宣言が全解除されて、少しずつ明るい光が見え始めた気もする。しかし、コロナがゼロになったわけではない。収束はまだ先。まだまだ気を緩めてはいけない…と言いつつ、や …