転勤Family.com

元保育士30代主婦、夫、娘、息子の4人暮らし。転勤族で先のビジョンは見えないけれど、そんな暮らしの中でも楽しいこと見つけたい。

美容

グルテンフリー~『ジョコビッチの生まれ変わる食事』を読んでみた~

投稿日:10/31/2017 更新日:

こんにちは。

グルテンフリーって聞いたことありますか?

筆者も何となくだけど聞いたことがあって(健康情報、ダイエット情報などにすぐ飛びつくので・・・)、気になっていました。

グルテンフリーとは、グルテン(小麦、大麦、ライ麦などの穀物に含まれているたんぱく質)を摂取しない食事法のこと。だそうです。

そして、グルテンフリーを実践している有名人としてあげられるのがモデルのミランダ・カーや世界的テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手

ジョコビッチ選手においては、グルテンフリーに関する本も出版しているとのこと。

いろいろと調べていると、グルテンフリーは身体に良いと推している人もいれば、グルテンにアレルギーのない人にとってはこの食事法が有効だという医学的根拠はない、と主張する人もいて、何が本当のことなんだか・・・

というわけで、グルテンフリーについて知るために、まずはこの人の本を読んでみよう!

と思って借りてきました! 『ジョコビッチの生まれ変わる食事』

スポンサーリンク

『ジョコビッチの生まれ変わる食事』を読んで感じたこと

グルテンフリーについて詳しく知ろうと思って、まずこの本を手に取りました。

ちなみにこの、ノバク・ジョコビッチ選手ってご存知でしたか?

私はテニスについて全然詳しくはないのですが、最近の錦織圭選手の活躍を機に、テレビやネットでジョコビッチ選手のことも知りました。

確かその時、世界ランク1位でした。

本書によると、2011年にウィンブルドン優勝と世界ランク一位という2つの目標を達成したと書いてあります。

テニスのことはよく知らないけど、世界ランク1位って聞くだけで、スゴイ人って分かります。

本書は、ざっと読んだところ、どうしてもあと一歩のところで上位組に入れなかったジョコビッチ選手が、ただ食事をグルテンフリー食に変えたことで、体の不調が改善し、思考も前向きになり、世界一のテニスプレーヤーまで昇り詰めることができた、ということが書かれています。

そして、ジョコビッチ選手のテニス人生や、幼少期のバックグラウンドについても。

彼はセルビア出身。旧ユーゴスラビア時代、戦時下で空爆に怯えながら過ごした壮絶な半生を過ごされています。

自伝のようなエッセイのような?感じもしました。

でも、とにかく食事を変えただけでこんなにも変わったんだよーってことが大筋でした。

グルテンフリーにするだけで、世界一になれるんなら、みんなやればいいじゃん!!

と思うところですが、ここで忘れてはいけないのが、ジョコビッチ選手は、体質的に『グルテン不耐症』である、という点です。

不耐症というのは、アレルギーとはまた違うもので、小麦製品に対して過敏に反応し、症状も軽いものから深刻なものまでさまざまであるらしい。

(ジョコビッチ選手は割と深刻な方だったのかな?試合中に突然倒れたり、昏睡してしまったこともあるみたいだから・・・)

ジョコビッチ選手はグルテン不耐症の体質だったからこそ、グルテンフリーの食事に変えたことでここまで劇的に飛躍することができたようです。

ということは、グルテン不耐症じゃない人がやってもあんまり効果はないんじゃないのか?

と思いますよね。

私も、ちょっとそこが疑問だな、とは思いました。

ただジョコビッチ選手は、グルテン不耐症の人だけにこの方法を勧めているわけではなく、

みんなとりあえず2週間グルテンフリーしてみ?

と書いてあったので・・・う~む・・・。

しかし、あとがきに本書の翻訳を担当したタカ大丸さんという方が、血液検査をして小麦を含め一切の食物アレルギーがなかったにも関わらず、グルテンフリーを実行したところ2週間で約3キロ体重が減少し、明らかな脳機能向上が見られた、と書かれていた点がとても気になりました。

あとがきのあとの解説①でも、順天堂大学の教授である白澤卓二さんという方が、

本書で彼が推奨している食事は、間違いなく一般人にも大きな効力を発揮します。

とおっしゃっている・・・。

グルテン不耐症の人じゃなくても効果ありそう??

やってみる価値はありそう??

スポンサーリンク

ゆるグルテンフリー続けてます

実は私Chi-Zu、8月ごろからかれこれ2か月半くらい、ゆるグルテンフリーを続けてます。

というのも、30代半ばになり、非常に痩せにくくなった(涙)!!

今までは、ちょっと体重が増えたら、夜の炭水化物を抜いたり、DVDエクササイズをしたりすれば、それなりに体重は落ちていたのに、同じことをしても全く痩せない。

これは、やはり加齢とともに、基礎代謝量が落ちていることが原因だということに、自分でも気付いています。

また、産後は現役で働いていたころに比べて運動量も減り(保育士だったのでそれなりに動いていた)、末端冷え症も治らず、それがまた基礎代謝量の低下を加速させ・・・。

そして、子育て中で家庭にいる時間が長くなると、おやつや飲み物も自分の好きなものを好きな時間に摂取することができ、働いている頃よりも嗜好品の摂取量が増えているような。

そしてそして、昔から悩んでいる便秘。

一週間も出ないなんてことはありませんが、毎日スッキリ~というわけでもない。

これも痩せない原因だろうな。

もうこれは、ちょっとやそっとの努力ではどうにもならないのではないか?

食生活を見直し、体質を改善させないと、このままどんどん太っていってしまう!!

そこで、雑誌でチラ読みしたゆるグルテンフリーをやってみることにしたのです。

ただ、私がやっているのはあくまでゆるグルテンフリー

ジョコビッチ選手のように、グルテンをすべて排除する、というわけではありません。

例えば、醤油や味噌、ドレッシング等にも小麦が含まれている場合がありますが、

そういった調味料の小麦は気にしてません。

唐揚げや天ぷらなどの衣類もあまり気にせず食べています。

そして、結婚式の披露宴に出席したときや、お友達とのランチ会では、小麦製品も食べました。

そういった特別な食事の席では気にしないことにして。

ただ、毎日基本的に主食はご飯とし、パンやうどんなどの麺類は食べてません。

ゆる~く小麦食を抜くのと同時に、便秘対策として心がけていることは、

〇野菜、きのこ、海藻類を多めに摂るようにし、野菜は酵素が壊れないように生のまま食べるようにする

〇発酵食を積極的に摂る(納豆、キムチ、味噌、塩こうじ、甘酒など)

こんな感じです。

あとは、甘いものが食べたくなったときは、クッキーやケーキなどの小麦製品はもちろんやめて、洋菓子じゃなくて和菓子を、とか。

だけど、コーヒーだけはやめるとストレスになるので、好きなように飲んでます。

ブラックで飲めたら最高なんですけど、牛乳と砂糖を入れないと飲めなくて・・・。

というか、甘いコーヒーが好きなんです。

砂糖は上白糖やグラニュー糖ではなく、てんさいオリゴ糖を使ってますが・・・。

ゆるグルテンフリーの効果は?

で、気になるこのゆるグルテンフリーの成果ですが・・・

便秘は以前より解消されています。

ですが、毎日欠かさず出ているわけではないです。

というのも、おそらくグルテンフリーうんぬんよりも、生理前だとか、排卵前だとか、ホルモンのバランスが変わった時にはやっぱり便秘がちになってしまうんです。

ホルモンバランス・・・こいつには到底かないそうにありません。

だけど、あれスッキリ出ないなって時は、もうすぐ生理かな、もうすぐ排卵かな、とか予想できやすくなったなとは思います。

あと、実家に長期帰省するなど、ガラリと環境が変わると便秘しやすい私でしたが、今回ゆるグルテンフリー中に実家に帰省した時は、スッキリ全部出し切るというわけではなくても、毎日きちんと出ていました。

これは嬉しい変化でした。

そして、体重の変化ですが・・・

ゆる~く減っていて、2か月半で、だいたい1.5キロくらい減りました

今までは夏になれば自然と2.3キロ減っていたのに、今年は全く落ちず、もうこのままずっと痩せられないのではと思っていたけど、ようやく1.5キロ・・・。

だけど、これもホルモンバランスが変化する生理前後や排卵前後では、また増減したりしますが。

ホルモンバランスめ・・・!

ただ、これって、本当にゆるグルテンフリーのおかげなのか、それとも私が心がけている他の要素(野菜を多く摂るとか発酵食を摂るとか洋菓子やめるとか)のおかげなのか分かりませんよね。

あと、地味に続けている筋トレとストレッチも関係してるのかも。

まぁ、全てが関係してるのかもしれませんね。

あ!あと、お肌の調子が良くなった!

けどこれも、去年の末から肌断食をしているので(→『肌断食』続けてます)、こっちが関係している可能性も・・・。

秋になり、あまり日焼け止めを塗らなくなったので。

ゆるグルテンフリーが絶大な効果を発揮しているのかどうかは分かりません。

が!今の食生活にして悪くなったところは何もありません。

むしろ、体調は良いです。

なので、とりあえずもう少し続けていこうと思っているところです。

まとめ

というわけで、今回『ジョコビッチの生まれ変わる食事』を読んで、グルテンフリーについて少し知識を深められたように思います。

もともとゆるグルテンフリーとして、ゆる~く小麦食を抜く生活をしていた私ですが、

何となくその効果を感じてはいて、体調の良さを実感してました。

ですが、私がやっているのはあくまでゆるグルテンフリーであって、厳密なグルテンフリーではありません。

ジョコビッチ選手の言うように、『まずは2週間グルテンを食事から排除し、その後2週間余計な糖分と乳製品を取り除く』ことをすれば、身体はもっと変わるのかな?

その場合、(たまりではない)醤油や味噌も使えなくなるし、外食できず全て自炊することになると思うので、結構覚悟が必要ですよね。

その覚悟が出来たら、まずは2週間から始めてみようと思います。

追記(2019.1.12)

ゆる~く続けていたグルテンフリーですが、なんだかんだ年末まで続けていました。

8月ごろからだから・・・約5か月?

飽きっぽい私にしてはすごい続いたように思う。

我ながらエライ。

ただ、ダイエット効果があるかないかと言われたら・・・やっぱり劇的に痩せるわけではないと思う。

10月末の時点では1.5キロくらい減っていたのですが、グルテンフリーをしていても食べるぎれば体重は増えるし、外食続くと便秘はするし。

というわけで、小麦アレルギーがあるわけでもないし、もうそろそろいっかな~とクリスマス前後からグルテンフリーを意識しないで好きなものを食べまくっていたところ・・・

クリスマス辺りから、ものすごい胃もたれが。

吐くほど気持ち悪いわけでもないけど、なんか胃が重だるくて、

ちょっとお肉とか脂っこいものは食べられないや~という感じ。

最初はイベントシーズン到来で食べすぎて胃もたれしてるのかな~と思ったけど、なかなか良くならず。

また、良くなってきたかな~と思ってまた普通に食べ始めると再び胃もたれ。

最初妊娠したのかと思いました笑。

でも残念ながら生理がきて、妊娠説却下。

それでもまた胃もたれ続く。

生理来たんだから想像妊娠でもないよな。

年始に義実家に宿泊予定だったので、そのストレスによるものかとも思ったけど。

(たぶんそのストレスも一つの原因笑)

年始になってからもしばらく続いていた胃もたれ。

ほんとなんでなんだろ~私は昔から胃は強い方だったのに・・・加齢によるものか?

とかいろいろ考えてみたけれど、思い返してみると、グルテンフリーを解除したあたりから胃もたれは始まったのではないか。

クリスマスケーキ、丸亀製麺のうどん、パン屋さんの菓子パン、スタバのスコーンやら、いろんな小麦製品を食べたぞ。

これは、ゆるくてもグルテンフリーを続けていた私の胃が、小麦を消化できなくて悲鳴をあげてしまったのでは・・・という考えに至り、

再びゆるくグルテンフリーを始めることにしました。

すると、しばらくして胃もたれは治りました。

本当にこれがグルテンフリーうんぬんによるものなのか、それともただ単に体調が悪かっただけなのか、ストレスによるものなのか、はっきりとした原因は分かりません。

ただ、グルテンフリーを意識することは、食事の面でかなり気を使うことになり、

欧米的な食事からできるだけ離れて和食を中心としたメニューになっていくので、

自然と健康的な食生活になっていくのではないかと思います。

腸内改善やダイエットについて調べていても、菓子パンなど小麦とバターをたっぷり使ったメニューを推奨する意見はないですもんね。

娘の便秘症についても悩んでいた今日この頃だったので、(→子どもの便秘について

2018年気合を入れなおして、ゆるグルテンフリーをまた続けてみたいと思います。

スポンサーリンク

-美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

宇津木式スキンケア法まとめ

筆者が昨年から続けている宇津木式スキンケア法。 (今までずっと「宇津木式肌断食」としていましたが、正しくは「宇津木式スキンケア法」でした。) ただいま2回目の冬を迎えようとしています。 あと少しで丸一 …

no image

宇津木式『肌断食』実践記〜8.9ヶ月目〜

筆者が現在進行形で続けている宇津木式『肌断食』実践記、8.9ヶ月目に入ります。 日焼け止めを塗るようになってから、またトラブルが出てきた私ですが、さてさて、ここからどうなることやら・・・ →『肌断食』 …

no image

宇津木式『肌断食』実践記~11.12か月目(一年経過)~

筆者が2016年12月中旬から始めた宇津木式スキンケア法。 早いもので一年が経過しました。 一年思い起こしてみるといろいろあったけど、過ぎてみればあっという間。 はてさて肌断食一年経過して、筆者の肌は …

no image

宇津木式『肌断食』実践記〜10ヶ月目〜

筆者が現在進行形で続けている宇津木式『肌断食』実践記、10ヶ月目に入ります。 季節は夏から秋へ・・・ 季節の節目は、何かと肌トラブルが増えますよね。 特に、これから冬に向かっていくにつれて乾燥が気にな …

no image

宇津木式『肌断食』実践記〜2.3ヶ月目〜

現在進行形で行っている筆者の宇津木式『肌断食』実践記、2.3ヶ月目記事にしていきます。 →『肌断食』続けてます →宇津木式『肌断食』実践記〜1ヶ月目〜 目次1 肌断食2・3ヶ月目1.1 ワセリン大活躍 …